自分ではまったくわからないのが口臭で、場合によっては相手にたいへん不快を与えます

自分ではまったくわからないのが口臭で、場合によっては相手にたいへん不快を与えます。

その日に食べたものによっても変わってきますが、もともと口臭がひどい方もいますので、口臭対策はマナーとして行った方がいいです。

一般的にはコーヒーなどの香りの強いものを飲めばその場はしのげますが、胃や舌の雑菌からくる口臭はなかなか防ぎきることはできず、体臭化しているのと同じです。

ずっとコーヒーを飲み続ける事はできないので、飲料で口臭対策をするにはなるべく続けれるものがいいです。緑茶のカテキンには、舌の残る匂いの元になる雑菌を取る効果がありますが、かなり濃いものを飲まないと著しく効果が期待が出ません。

お茶にするのであれば、なた豆のお茶のほうが効果的です。このお茶のポリフェノール成分が口臭にききますし、比較的のみやすいです。但し外出先でも飲み続けることは難しい場合もあります。

そのような場合には、外ではできるだけガムを噛んで、舌をウエットな状態にしたほうがいいです。口臭の原因には、舌の表面に発生する雑菌が起こすものがあり、舌の表面をたえず湿らせると雑菌が涌いてこないので匂いが発生しにくいです。

最近では口臭予防のいいガムもあり外出先ではガムを噛み、家ではなた豆茶などで体内からくる匂いに対処したほうがいいです。

長く続けることで口内の衛生と体内から発するもの両方の匂いのもと立つことができますので口臭で悩むことがなくなります。